さくらクラウドにGUI開発環境を作る(xrdpではない方法)

知人から2万円分のさくらクラウドクーポンを貰い,サーバーを作成してみた.接続は簡単!さくらクラウドのコントロールパネルに表示されるIPアドレスsshなどでアクセスするだけ.

これだけでも十分使えるものの,CUIではなくGUIで開発環境を立てたい.

今回は,Windows10のPCからさくらクラウド上のUbunt Server 16.04に接続したときのGUI環境構築方法を紹介.

 

今回キーとなるアプリを最初に言っておく.

 

  • 高機能sshクライアント「MobaXterm」
  • 動作が軽快なxfceファイルマネージャー「Thunar」
  • 分割できるターミナル「Terminator」

 

 

ここから設定方法の手順

----------------------------------

接続元のWin環境にMobaXtermをインストール.

MobaXtermは標準でXserverが起動している.このため,何の設定も無しにサーバー上のGUIアプリを接続元で起動することができる.

mobaxterm.mobatek.net

 

MobaXtermでさくらクラウド上のサーバーへssh接続した後,ひとまず以下のコマンドを打つ.

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get upgrade

 

次に,「Thunar」と「Terminator」をインストール.

$ sudo apt-get install terminator

$ sudo apt-get install thunar

### 上記のコマンドだけはthunarのアイコンが出てこない為以下で対処 ###

$ sudo apt-get install gnome-icon-theme-full

 

以上で,GUI環境構築は完了である.

今回の方法による改善点は,

  • 「MobaXterm」で余計な設定をせずにサーバー上のGUIアプリを起動.
  • 「Thunar」でCUIでは面倒なファイルの転送をGUIで実行可能に.
  • 「Terminator」でターミナルが1つのアプリの起動で占有される問題を解消.

である.

後はユーザーの好みで他のアプリを追加してゆけばよい.基本はこれでなんとかなるはずだ.

 

最後に

----------

今回構築した環境を2週間ほど使用したものの,開発に不便は感じなかった.

ファイルマネージャーがあるだけで,開発の効率はだいぶ変わる.

他のブログを見て回るとxrdpをインストールしてリモートデスクトップ接続する方法が主に紹介されている.今回の方法は王道ではないのかも知れない.

xrdpの設定で詰まったときの回避策にしてはいかがでしょうか。