GrovePiをRaspi 3B+に取り付けて簡単にLチカを行う[Grove][Python][RaspberryPi]

f:id:Vastee:20180616234826j:plain

Groveとは?

  • マイコンに取り付けたシールドにセンサモジュールを抜き差しするだけで簡単に電子工作ができるキット.

  • IoTのプログラミングには興味があるが,ハードウェアの勉強をするのが面倒な人にピッタリ!

  • 研究のプロトタイプ作成にもピッタリ!

用意したもの

GrovePi+シールドの箱にはB, B+ A+, 2対応と書いてあったが,3B+でも問題なく使えた.

f:id:Vastee:20180616234613j:plain

秋葉原のマルツでは,Groveモジュールが多数陳列されていた.

ギーク感溢れるパッキングだったため,テンションが上がってしまいついついたくさん買ってしまった.

f:id:Vastee:20180616230029j:plain

GrovePi+シールドをRaspberry Piに取り付ける

ここから作業開始だ.

まず,下の写真のようにGrovePi+シールドをRaspberry Piに取り付ける.特に迷うことは無いはず.

f:id:Vastee:20180616222700j:plain

GrovePiのソースコードをダウンロード&インストール

$ git clone https://github.com/DexterInd/GrovePi.git # ソースコードのダウンロード
$ cd GrovePi/Script
$ sudo sh ./install.sh

 インストール完了後,自動で再起動する

 再起動の後,以下のコマンドを入力し,以下の出力が返ってくればOK

$ sudo i2cdetect -y 1
     0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  a  b  c  d  e  f
00:          -- 04 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
10: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
20: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
30: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
40: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
50: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
60: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
70: -- -- -- -- -- -- -- --

GrovePi+シールドにLEDモジュールを取り付ける

 LEDを基盤に取り付ける.写真をみるとわかるが,足の長さが同じなので端子の形から+-を判断する.

f:id:Vastee:20180616225207j:plain

GrovePiのサンプルプログラムを実行しLEDをチカチカさせる

$ cd GrovePi/Software/Python # サンプルプログラムがあるフォルダ
$ python grove_led_blink.py # LEDをチカチカさせるスクリプト

Pythonスクリプトを実行すると,ON, OFFのアラートが交互に出力.

f:id:Vastee:20180616233124p:plain

LEDがチカチカしてる様子.

f:id:Vastee:20180616233202j:plain

以上.とっても簡単でした.