CV・NLPハマりどころメモ

画像認識と自然言語処理を研究する上でうまくいかなかったことと,その対策をまとめる自分用のメモが中心.

MobaXtermでEC2インスタンス上のDockerコンテナとポートフォワーディング[MobaXterm][EC2][AWS]

本記事は,前回の記事の続きです.

vastee.hatenablog.com

前回の記事では,EC2のインスタンスにjupyterを介してアクセスする為に,MobaXtermのポートフォワーディング機能を使った.

今回は話を更に発展させて,EC2のインスタンス上にdockerのコンテナがある場合,そのコンテナにjupyterを介してアクセスする為の方法を紹介する.

f:id:Vastee:20181220133905j:plain
今回やることのイメージ

MobaXtermでの設定

お手持ちのノートPCなどにMobaXtermをインストールしよう.

mobaxterm.mobatek.net

インストール後,上のバーの「Tunneling」というボタンを押し,「New SSH tunnel」のボタンを押すとGUIで分かりやすく構成された設定画面が出てくるはずだ.

参考までに筆者の設定値を下に載せる.

f:id:Vastee:20181220113113p:plain 注意:画像では8888番ポートを開けると設定してあるが,実際に開けたポートは8080番である.

他に設定した項目としては,

local network adapterを 127.0.0.1 に変更

Web proxyを設定

Auto start と Autoreconnectをオンに設定

である.

後は,スタートボタンを押すとポートフォワーディングが実行される.

EC2でdockerコンテナを立てる

外部からコンテナにアクセスする為にポートフォワーディングの設定をし,コンテナを立てる.

docker run -it -p 8080:8080 --runtime=nvidia --name "hoge_container" hoge_image:1.0 /bin/bash

今回は,-p のところでホストの8080番とコンテナの8080番のポートをフォワーディングすると設定した.

立てたコンテナにjupyterをインストール後(手順は割愛),以下のコマンドを打つ.

jupyter notebook --port=8080 --ip=0.0.0.0 --allow-root

jupyter notebook だけではエラーが返ってくるので注意.コマンドを打つと以下の出力が出てくるはずだ.

[I 02:11:22.052 NotebookApp] Writing notebook server cookie secret to /run/user/1000/jupyter/notebook_cookie_secret
[I 02:11:22.246 NotebookApp] JupyterLab extension loaded from /home/ubuntu/.pyenv/versions/anaconda3-5.3.0/lib/python3.7/site-packages/jupyterlab
[I 02:11:22.247 NotebookApp] JupyterLab application directory is /home/ubuntu/.pyenv/versions/anaconda3-5.3.0/share/jupyter/lab
[I 02:11:22.250 NotebookApp] Serving notebooks from local directory: /home/ubuntu/tmp
[I 02:11:22.250 NotebookApp] The Jupyter Notebook is running at:
[I 02:11:22.250 NotebookApp] http://localhost:8888/?token=xxxx # ここにjupyterのtokenが出現
[I 02:11:22.250 NotebookApp] Use Control-C to stop this server and shut down all kernels (twice to skip confirmation).
[W 02:11:22.255 NotebookApp] No web browser found: could not locate runnable browser. # Docker上で動かしているのでブラウザが無いとのメッセージがでるが,全く問題ない
[C 02:11:22.255 NotebookApp]

    Copy/paste this URL into your browser when you connect for the first time,
    to login with a token:
        http://localhost:8888/?token=abe7986ff1e1eb7eea9ac16e6d90ca1ee6696cca9f613824
[I 02:11:34.778 NotebookApp] 302 GET / (127.0.0.1) 0.78ms
[W 02:11:34.808 NotebookApp] Clearing invalid/expired login cookie username-localhost-8888
[W 02:11:34.808 NotebookApp] Clearing invalid/expired login cookie username-localhost-8888
[I 02:11:34.808 NotebookApp] 302 GET /tree? (127.0.0.1) 1.48ms

ここまでくればok.

お手持ちのPCでEC2インスタンス上のjupyterにアクセス

ここまでくれば,後はお手持ちのノートPCでchromefirefoxを起動し,アドレスバーに http://localhost:8080 を打てば,jupyterの画面が出てくるはずだ.

f:id:Vastee:20181220112218p:plain

筆者の画面では,初回起動であったため,パスワード変更が求められた.この画面がでても焦る必要はない.先ほどjupyter notebook のコマンドを打ったときの出力にtokenが書かれているので,それと任意のNewPasswordを設定するだけで解決するのだから.

以上.お疲れ様でした.